フレンチは今やカジュアルなグルメ

フレンチは今やカジュアルなグルメ

フレンチは今やカジュアルなグルメ

私の記憶が確かですと、フレンチという言葉が一般的に定着したのは、10何年前に放送されていた鉄人と呼ばれる料理人と挑戦者が、制限時間内にテーマ食材を使い、パフォーマンス対決をするという趣旨の、テレビ番組以降のような気がします。それ以前は、普通にフランス料理と呼ばれるのが一般的で、高級グルメ料理の代名詞といったポジションとして、宝くじが当たったら、ボーナスが入ったら、何か特別な記念日にというように、イレギュラーというと言葉が良くありませんので、スペシャルな存在というカテゴリーに、君臨していました。

このように一昔前ですと、非常に敷居の高いイメージにあった、フレンチという存在ですけども、グルメという価値観がブーム化した昨今では、スペシャルな時に食べる、特別な料理というカテゴリーだけではなく、ランチタイムのリーズナブルなコースや、若者やヤングファミリーをターゲットにした、カジュアルな料理や価格設定も増えてきており、一般的にも外食の選択肢の一つとして、受け入れられるようになってきています。裾野が広がり幅広い層に定着した、日本に於けるフランス料理は、今後更に日本人にとって、魅力を増していくであろうと思います。

Copyright (C)2016フレンチは今やカジュアルなグルメ.All rights reserved.